ブログトップ

北八ヶ岳天文台の日々

kita8mt.exblog.jp

マウナケアにて

c0085984_16383819.jpg

いわずと知れた「すばる望遠鏡」です。昨年12月、当台長がハワイを訪れたときの一コマです。なんでも一般の見学者とは別メニューで案内を受けたそうなので、詳しくは北八ヶ岳スタークラブの新年会でしていただこうと思います。
[PR]
# by kita8mt-12304 | 2007-01-11 16:46 | 天文台長のお仕事 | Comments(0)

C/2006 P1 マックノート彗星

c0085984_22324081.jpg

新年最初の投稿です。本年もよろしくお願いします。
近日点通過前に急増光したマックノート彗星です。 コマの部分は-1等かそれよりも明るそうです。7×35の双眼鏡でも確認できました。
2007/01/10 17:16:12 
EOS20D AF300/4ED(EOS用変換アダプター使用) ケンコーテレコン×1.5
ISO400 F5.6 1/50 
[PR]
# by kita8mt-12304 | 2007-01-10 22:50 | 宵の部 | Comments(0)

2006年の夕暮れ

c0085984_16464516.jpg

皆様、よいお年を!                
                               北八ヶ岳天文台 荻原
[PR]
# by kita8mt-12304 | 2006-12-31 16:48 | 昼の部 | Comments(0)

最果ての海王星 その1

c0085984_17271976.jpg

 11月8日、9日に撮影した海王星の画像を合成したものです。1日でけっこう動くもんです。
トリトンも写っていますが、公転周期が6日しかかからないなので、それこそ1日たつとだいぶ移動しています。眼視では300倍ぐらいで見わけることができました。ネレイドらしきものも写ってはいましたがが、画像ではわかりずらいでしょうか?ステラナビで比較すると位置がちがうので恒星かもしれません。
恒星のわきの数字はそれぞれの等級です。13.74等の右下の数字のない星は14.22等の非恒星状天体とステラナビにはあります。それ以外のデータにない恒星も写っているようです。
ちなみに東西方向(画像左右)の画角は約0.2秒です。
[PR]
# by kita8mt-12304 | 2006-11-23 17:14 | 夜の部 | Comments(2)

水星日面通過

11月9日早朝に起きた水星日面通過の模様です。
雲ひとつない完璧な快晴の朝で、朝焼けのコントラストのすごさはちょっと異様でした。
c0085984_17551695.jpg

当日は佐久市こども未来館さんからも二名の職員の方が天文台に来られて、いっしょに観測となりました。
写真のなかで5つ並んでいるのが水星です。その上の二つは黒点です。
左から 8:26、8:36,8:46、8:56,9:06の画像を合成してあります。
太陽の赤道半径が696000㎞(地球109個分)に対し、水星は2440㎞しかありません。時間をおいて見ないと、動いているのかどうかもよくわからないほどです。
ちなみに、次に日本で水星日面通過がみられるのは2032年11月13日となります。
c0085984_17101338.jpg

[PR]
# by kita8mt-12304 | 2006-11-14 17:39 | 昼の部 | Comments(2)