ブログトップ

北八ヶ岳天文台の日々

kita8mt.exblog.jp

<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

皆既日食報告7

宇宙センターを出発して門倉岬を目指し移動中猛烈にお腹が空いてきました、よく考えるとホテルで食べた朝食は am4:30 その後口にした物と言えば、朝飲んだ缶コーヒーと飛行機の中でもらった飴ひとつぐらいのものでしてお腹が空くのは当たり前です。食べ物屋さんを探しつつ移動を続けると二つ目の集落でお弁当屋さんを発見!迷わずお店に飛び込み海苔弁ゲットついでにお茶も購入(^O^)

その後近くの小さな食料品店に立ち寄りソーダ味のアイス・ポテチなどを手にレジに向かうとおばあちゃんが奥から出てきました、そこで自分が千葉から皆既日 食を見に来た事を話し、少し世間話なんかした後に手にした品物を「これお会計お願いします」と言った時です、種子島の神降臨!!
おばあちゃんが一言「これ(アイスを指差して)ウチに置いてあった物かい?」( ̄ω ̄;)
・・・そりゃそうでしょう、どこの世に他のお店の商品を会計してもらう人がいるんですか?おばあちゃん と心の中でツッコミをいれてしまいましたが、ぐっと心の中で抑えて「おばあちゃん、このアイス見た事ないかい?」と聞いてみると「見覚えない、見た事ない物は売れん」だそうなのでソーダ味を冷凍庫に戻してスイカ味に変更「これは見た事ある」と聞いてみると「それなら見た事ある」と返事「じゃあ売れるね」と聞くと「うん、見た事あるから売れる」とにこやかに答えが返ってきたので無事アイス購入に成功 お店を後にしました。
(何故おばあちゃんが見た事がないかは、考えないでおいて)良かった良かった
見事な脱力っぷりに関心ですおばあちゃん、良いところです種子島!!
おばあちゃんのお店も皆既帯に入っているようなので
明日おばあちゃんも皆既日食を見られるとよいなぁなどと考えつつ車を走らせていると、
おばあちゃんのお店からものの数分でりっぱな建物を発見
c0085984_23102877.jpgc0085984_2311261.jpg看板を見ると「たねがしま 赤米館」と書いてあります。
中では種子島で古くから伝わる赤米の歴史や栽培方法などが展示してあります。
受付で署名をして館内を見学その後受付の女性に途中で見た稲刈りについて聞いてみたところ、種子島では、今の時期(7月下旬)の稲刈りは珍しくないそうで、更に稲刈りの後にもう一度田植えをするそうです、つまり二毛作ですね。
稲の二毛作なんて社会科の授業で昔耳にした記憶がありますが、見るのは初めてです。
やはり種子島暖かいんですね。

c0085984_23122735.jpg田んぼの向こうにスペースシャトル発見!?
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-08-31 23:16 | 昼の部 | Comments(0)

皆既日食報告6

種子島の中で人口が多いのは島の北側の西之表市でありまして、南のほうは、南種子という町です、海岸にはいくつか漁港がありますが、幹線道路はあまり海岸沿いを走っていないのと、僕の予想よりも海岸からすぐに標高があがる(といっても数十メートルですが)ので島といった感じがあまりしません。田んぼとさとうきび畑が広がる広々とした景色が続きます。空港を出発して30くらいたった頃海水浴場の標識を発見、そろそろ海を見たくなってきたのでハンドルを左に切り適当に走っていると小さな港にボートがあったり、何やら景勝地らしき所があったりと今までとは違う景色の変化を楽しんでいると突然看板を発見!!
c0085984_14331110.jpgしかも看板の後ろに白い箱 いや、今までの景色とはミスマッチな大きな建物が見えます。
途中にゲートとかがあるわけでもなく、警備の人が立っているわけでもなく、突然の宇宙センター入りです。


c0085984_14344966.jpgその後も車を走らせているといくつかの施設が森の中に点在しているのが見えてきす。
c0085984_14351078.jpgc0085984_14444941.jpg
宇宙センターの敷地内を一般の道路が通っているのか、道沿いに敷地が点在しているのかわかりませんが、一般の車両も打ち上げとかの特別な事がなければ普通に通行できるようです。
ここは、宇宙センターの中でも大崎射場と言われている辺りで、白い建物は、中で衛星を組み立てる為の施設のようです。
ロングの画で醜いですが、こちらがH-Ⅱ-Aなどを打ち上げる大崎射場
左からロケットの組み立て塔 中型ロケットの発射場 右の二つが大型の発射場

大崎射場より少し移動してこちらは竹岬射場 竹岬展望台より
c0085984_1455313.jpgc0085984_153791.jpg竹岬展望台(ロケットの発射の時は、プレスや見学者が発射を見学できる建物) 小型ロケット発射場 宇宙科学技術館 などがあります。広々としてますが、あまりロケットの発射場という感じがしませんでした。

宇宙科学技術館c0085984_154219.jpgc0085984_15105870.jpg









遠くに大崎射場がみえます。








宇宙センター内(多分)には海水浴場もありました、天気がイマイチだったのが残念でしたが、海がきれいです。この日は人が少なめですね、(いつもがどうかは、わかりませんが)

今回種子島での皆既日食ということでロケットの発射場+皆既日食という画がプランのひとつで、皆既の前日の早い時間に種子島入りしたのもイメージにあう場所を皆既と同じような時間帯にロケハンしたかった為でした。
しかし、現場に行って気付いた事は、起伏のある地形に森に包まれた色々な施設が、点在していて、更に一番絵になる発射台を皆既の時間帯に太陽がある南東方向に見る場所が見当たらないという事です。(発射場内の関係者以外立ち入り禁止区域に入れれば話は別ですが)

さて、ひと通り、発射場+皆既プランの下見が済んだので次は、種子島で最も南に位置して、皆既の時間が最も長い門倉岬へと移動です。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-08-28 15:16 | 昼の部 | Comments(0)

皆既日食報告5

さて、今回からは 種子島な世界 です。

種子島の空港に着いてまず最初にした事は、レンタカー会社の方を探す事
前回も書きましたが当初フェリーでの種子島入りを予定していたのでレンタカーもフェリー乗り場の側の営業所に予約を入れていましたが飛行機での入りになってしまったので、事前にその旨伝えたところ、快く空港まで出迎えてくれるとの返事をいただきました、感謝です。
そんな訳でレンタルの手続きを空港の駐車場で行う事になりました。
そこで基本の料金のほかに保険に入るかどうかなどを決め、レンタカー代を支払う段になって全く小銭を用意していなかった事に気づき(まさか駐車場で手続きするなんて思ってなかったですからねぇ)おつりとかの必要のないクレジットカードでの支払いをお願いしたところ!見慣れない機械が出てきました、そしてその機械に紙とクレジットカードを挟んだと思ったら!!続いて聞こえてきた音 ガシャコン!! 久々に見てしまいました。カードと紙を挟んでガシャってやる機械(名前を知りませんが)を!!今どきは宅配業者さんでも磁気で読み取る機械を使っていたように思いますが、なかなか貴重な物を見せて頂きました(最も普段は、事務所でこんな手続きは行うのでしょうから、いつも使っている訳では、ないでしょう、むしろこちらの都合に合わせて、空港の駐車場で手続きを済ませて頂いた上にちゃんとカード利用の用意までしてあって、とっても親切な対応に感心です。


無事レンタルの手続きが完了したところで 姉さんにどちらに行かれますか?」
と聞かれたので門倉岬の周辺で下見をしたいと伝えると、「じゃあ、空港の駐車場を右に出て、次の信号を左に行ってください」との事、車(ホンダ シビックのセダン)にはカーナビも付いていたのでそんなアナウンスしなくても問題ないのですが、やはり親切です。

車に乗り込み、カーナビで目的地を門倉岬に合わせ出発です。
教えてもらった通りに駐車場を右に出たところでカーナビさんが一言
「次の信号を左です」お姉さんが教えてくれて通りです、・・・でその次の信号までの距離は?と思いカーナビに目をやると表示されている距離は、なんと 8Km !!
本当ですか?8Kmっていったら北八ヶ岳天文台から佐久平駅まで向かったら、常田の信号あたりまでいけちゃいますよ!えっ例えが良くわからない?では、山手線で例えると、東京駅から品川のちょっと先まで 駅の数5つです。
しかも通っている道は、裏道とかではなくてちゃんとした広い幹線道路。
ちょっと信じられない気がしつつもレンタカー屋さんのお姉さんとカーナビさんの二人がおしゃるのなら間違いないでしょうと思いそのまま満ちなりに直進です。
途中自分が走っている道路と同じくらいの道と交差していても信号がなく、とりあえず自分の道路に 一時停止の標識がないので止まらずに走っていましたが、交差点に入る時はちょっとドキドキしますね。
これから人工衛星の打ち上げの見学か何かで種子島に来て、車を運転する人がいたら少し注意が必要意かも、どちらが優先なのかわからないような交差点が結構ありました。c0085984_15224072.jpg大体10分くらい走った頃でしょうか、ありましたよ、 最初の信号 が!
自分の目で見るまでは、理解できませんでしたが、自分の目で見ると なるほど、種子島ってこうゆう所なんだ となっとくしました。
まぁ、ゴミゴミしてなくてとても良いです。
そんなちょっと普段と違うドライブをしていたら信州人驚愕の景色が!!
c0085984_15243524.jpgこの画像どう見ても秋を連想させる稲刈りの景色にしか見えません、(実際稲刈りの景色なんですが)しかし何故今?ものすごい早稲なのか?などと動揺しつつも車は、南へ南へ。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-08-25 15:26 | 昼の部 | Comments(0)

皆既日食報告4

c0085984_22193718.jpgc0085984_22201768.jpg16:00無事国分駅到着!!
今日泊まるホテルは、歩いて7~8分のビジネスホテル
わりときれいホテルで、必要最低限の設備は、揃っていたので十分満足でした。
個人的に嬉しかった設備は、コインランドリーが助かりました、なんと言っても荷物を減らす為に全部の日数分の着替えを持ってきていない事に加えて暑さと湿気で着ている物は、汗でベタベタだったのでここで洗濯できるのは、大助かり、
この後洗濯しないですみそうです。

後、個人的には、温泉の元がバスに置いてあったのが◎でしたが。使わなかったのが残念!!
c0085984_22251986.jpg




かなり時間があるのでホテル近くを散策・・・しようと思ったのですが、高温多湿に負けてコンビニへ食料の買出しに行くに留まる。
買出し中に遭遇、人が来ても全く逃げる気配なし!余裕です。

c0085984_22263829.jpg明日に備えてバッテリーの充電中!

二日目の 8/21は、(まだ初日だったんですね(・o・)!) 国分⇒鹿児島空港⇒種子島空港⇒種子島の南部(宇宙センター・門倉岬 など)のロケハンの予定
c0085984_22342866.jpg








さすがに寝坊する事も無く無事にバスが来る前に国分駅到着(当たり前か?)その後何事もなく鹿児島空港へと到着♪個人的には苦手な路線バスをクリアして新たな世界が開けた気分です。(大げさ過ぎ?)


c0085984_22391187.jpg空港に着くとロビーには、奄美大島への皆既日食ツアーの参加者が大勢いて、いよいよ明日が皆既日食である事を実感しましたが、集まっている人をよく見てみると、あまり大きな機材を持っている人が少なく一般の参加者(特に家族連れ)が多いのかなといった印象を受けました。
もっと本気の人達は、中国に行っているのかもしれないですね。

c0085984_22404128.jpgc0085984_2241774.jpg地上にいる時はベタ曇りでしたが、上に上がるときれいな青空が広がっていました。
鹿児島空港~種子島 間の僅か30分の飛行でしたが、空気がきれいなのを実感。

下を見ると海上に幾筋もの白い航跡が見えます、きっと鹿児島と種子島を結ぶ高速フェリーの航跡でしょう、今日と明日は、ども便も満席でなんでしょうね。
分室も当初、フェリーでの移動を考えていましたが、予約が一ヶ月前からしかできなかったので断念しました、料金が飛行機に比べてお得だったので、フェリーを利用したかったのですが、ホテル・レンタカーといった他のものが予約できていても種子島への移動ができなければ、お話にならないので飛行機で種子島へ渡る事に決めました。

c0085984_22445511.jpg
c0085984_22451020.jpgc0085984_22452821.jpg






なんといっても30分の飛行ですからあっという間に種子島に到着です。




だれもいなくなるまで待っていてもよかったのですが、結構人が写っちゃってます。
さすがに飛行機が満席だっただけの事は、あります。



空港の中では、地元の方が歓迎に出てくれていて、観光案内・ポストカード・地図・皆既日食の見方・皆既中の交通規制等の案内がセットになった物をいただきました。

種子島の空港です。
手前の植物が南国っぽいです。



ところで日食ご案内セットの中に少し気になる文字を発見!!
”22日の皆既日食当日は、門倉岬周辺は、混雑が予想されるので、島民の皆さんは、なるべく門倉岬へは、行かないように”
といったような内容でした、地元の人は種子島で一番皆既時間が長い門倉岬に行けないなんて!
そんなの寂しくないですか?
せっかく、自分たちが住んでいる島で皆既日食が見られるって言うのにベストポジションを部外者に譲って自分たちは、ちょっと我慢なんて、種子島の皆さんの優しさを感じさせる一文ではありますが、地元の人を差し置いてまで、見たいとはちょっと思わないかも。
できれは島民の皆さんとも一緒に観測できた方が良かったと思いましたがどうでしょう?(特に子供たちには)
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-08-20 23:18 | 昼の部 | Comments(2)

皆既日食報告3

今回から鹿児島県へ突入です。
いよいよSNA75便は九州上空へと進んできました、眼下に有名な宮崎のリゾート施設が見え、
タイミングは忘れましたが多分その前後に機内アナウンスが流れてきた、
目的地の空港に着く前に機内アナウンスが流れる
機長がウチの飛行機に乗ってくれてありがとう とか これから到着する場所の天気とか気温なんかを教えてくれて、飛行機を降りる前に暑さや寒さ・湿気への心構えをする上でとても助かるアナウンス。
アナウンス自体は得に珍しくもないが日本の国内線で羽田~鹿児島間のフライトで英語のみ、日本語なしのアナウンスっていったいなぜ(・_・?)
どうも、アナウンスしたのは機長のようで、この機長、日本人ではないらしい(アナウンスを聞いた僕の感想なので正しくないかもしれないけど)まぁ 別に機長が日本人でなくても構わないし機長本人のアナウンスが英語でも構わないが、その後日本語のフォローがあっても良いような気もするような?
離発着の時は電子機器は使用禁止なのでこの間の景色をお見せできないのが残念ですが、今回初めて鹿児島空港を利用しましたが、着陸前に上空から見た鹿児島空港の周りの景色は低く垂れ込めた雲とあいまって、とても緑が綺麗で印象深い景色でした。

そんな景色に見とれているうちにあっと言う間に飛行機は着陸しシートベルトサインも消えてカメラバックとサンニッパ専用のケースを持って飛行機を出た瞬間!暑い!しかも蒸し暑い!!何か圧迫されるような暑さが全身を包む。

信州人にこの蒸し暑さは、こたえる!! たった今降りた飛行機に乗って帰ってしまいたく気持ちを ”皆既日食を見ると言うモチベーションで抑えつつ、預けた荷物を受け取り到着ロビーにでると・・・

c0085984_1624372.jpg日食ムード盛り上がっています、鹿児島!!
去年の中国は人が住んでいない場所での観測だったり、北京オリンピックを間近に控えていたせいもあり、断片的に日食のポスターを見かける程度でおみやげの日食コーナーなんて全くみかけなかったので、かなりうれしかったのと「日本人なんでもお土産に結びつけるのね」と関心したりと複雑な心境ではありましたが、天文現象がこれほど注目してもらえているというのは、うれしい事ではあります。

さて、無事鹿児島空港まで着いた訳ですが、ここまでは電車→飛行機とわりと問題の無い移動でしたがここからが少し問題、
この日の宿泊は、当初「天文館」の地名に引かれて鹿児島市内を考えていたのですが、翌日の朝が早いので、鹿児島市内よりも空港に近い国分の駅前にビジネスホテルを予約していました・・・が、移動手段を決めていませんでした、理由は簡単!分室が鹿児島空港には、鉄道の駅があると思い込んでいたので、単純に電車の時刻だけを調べれば良いとしか考えていなかった為で、鹿児島空港の観光案内所でバスで移動するしかないと教えてもらった時はちょっとショック。
全くこのインターネットのご時世になにをしているんだか!自分の事でも情け無い。
バスでの移動よりも電車で移動した方が渋滞などに巻き込まれずにスムーズに移動ができるという考えから変な先入観に囚われていたようです。

しかし動揺していてもしかたがないのでバスでの移動を決意、まぁ余裕でリムジンバスっていうのも悪くないかも?座れるし、と良い方に考え、案内所のお姉さんに質問してみる「そのバスって予約とかって必要なんですか?」 するとお姉さん「いえ、予約は必要ありません、普通の路線バスですから」
な・な・なんですって!
普段全くバスに乗らない分室にとって”路線バス”はかなり敷居が高いの乗り物、(バス停がいっぱいならんでいるとどこに来たバスに乗れば良いかよくわからんのです)
それを初めて来た場所で乗れと仰いますかぁ?
一瞬頭が白くなったのは、暑さだけが理由じゃないような気が・・・
そこでお姉さんに自分が今日国分まで行き、明日、朝市で鹿児島空港まで来て種子島まで行く事を伝え、バス乗り場・時間などを二日間分しっかり教わって、最後に万が一バスに乗り遅れた時の最終手段として、国分駅~鹿児島空港間のだいたいのタクシー代を聞き(4,000円くらいらしい、これくらいなら飛行機に乗り遅れる事を考えたら許せる範囲)

c0085984_16293163.jpgなんとか明日も鹿児島空港へ飛行機の時間までに着きそうな事を確認できたので、先ほどのお土産コーナーで荻原さんへのお土産を早々に購入&宅急便で送る手続きをすませ、バスの時間まで少し休憩
後は、先ほど教えてもらったバス乗り場から国分へと出発です。
c0085984_16321621.jpg






鹿児島空港の国内便ターミナル
c0085984_16355365.jpg








これが今回のすべての荷物
c0085984_16391218.jpg














このバスに乗り国分へ移動
無事間違わないで国分行きのバスに乗ることができた、この調子で明日の朝も無事ここへ帰ってきたい!!
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-08-18 16:46 | 明の部 | Comments(2)

皆既日食報告2

分室です。
今回から本格的に種子島レポート始めたいと思います。

7月20日(月)
11:00羽田空港 着

c0085984_13321343.jpgc0085984_13335828.jpg羽田空港に着いて感じたのは、予想外の人の多さでした、7月下旬とはいえ何でこんなに人が多いんだろう?と思っていると、はたと思い出しました、世間は三連休だった事を!!
ここの所、日食の準備と種子島の天気しか気にしていなかった自分を改めて実感。
11:20
気を取り直し、飛行機に乗る時の常ではありますが、これは早めの行動が大事だと思い早々に機内預けのスーツケースを預けて手荷物検査場の見えるレストランで朝食兼昼食
 一番早くできそうなカレーを注文+無事種子島に出発できる事に感謝しつつ、皆既日食撮影の成功を祈りワインなんか飲んでみるc0085984_13363350.jpgレストランから見える掲示板には他の出発前の飛行機には空席があるようだが鹿児島行きには×のマークが!!(他にもいくつか×印の出発便はあったけど)ふだんから羽田~鹿児島間を飛行機で移動している訳ではないので満席を表す×マークがめずらしい事なのかいつもの事なのか、僕にはわかりませんが、鹿児島→フェリー・飛行機を利用しての種子島・屋久島・奄美大島へ移動する人が多いのではないかと勝手に想像。11:50早々に朝食(昼食?)を食べ終えて搭乗手続きをすませる
無事手荷物検査をノー問題でクリア!!(ここ数年理由はわからないが金属探知器が反応する事がなくなった、昔は、何も持っていなし、もちろんポケットにも何も入ってなくても、僕が通るとピーっと鳴って係りの人に「もう一度お願いします」と言われていた)一発クリアだとついガッツポーズをしてしまいたくなるが、思いっきり怪しいので、ガッツポーズは心の中だけに留めておく。
搭乗口104の辺りでトイレにいったり、飲み物を買ったりしてぼぉ~っとしていると。
そう言えば台長も今日中国に出かけるはず、と思い出し、台長に電話してみる・・・が
すでに成田から出国してしまったようで携帯はつながらず、(出発時間くらい確認しておけよ~とつっこまないでください)
日食前に連絡がつかなかったのは残念だけど、お互いに皆既日食が見れるとよいなぁと思っていると、なにやら搭乗口の掲示板にみょうな表示が・・・c0085984_13455615.jpg
搭乗口が104から51に変更しているらしい、道理で待っている人が少ない訳だ。
2.5キロのウエイトを抱えつつ51番の搭乗口に移動。c0085984_13495510.jpg無事機内に乗り込みイザ鹿児島へ
c0085984_13512515.jpg












雲間から富士山の頭だけが顔を出している、幸先が良いのか悪いのか微妙な見え方

今回はこの辺で、次回は鹿児島到着です。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-08-04 13:57 | 昼の部 | Comments(0)