ブログトップ

北八ヶ岳天文台の日々

kita8mt.exblog.jp

<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

日食報告No6

さて、ちまたでは、今回の日食は、
「三塘湖の悲劇」と呼ばれているらしいです。
確かに皆既の時 だけ 太陽が雲に隠れるなんて
悲劇と言わずしてなんと言えばいいのでしょう?
という気持ちとってもよくわかります。

三塘湖の悲劇・・・同感です。

そんな訳で悲劇の瞬間です。

c0085984_173028.jpg前にダブルダイヤモンドリングなんて名前を画像につけましたが、これが本当の第二接触の瞬間です。
とってもわかり難いと思いますが、雲の中にほんの少し見えているのがダイヤモンドリングです。
c0085984_1123875.jpgこちらは、少し広角で撮った画像です。
太陽の傍にいる水星と金星を一緒に写したかったので少し長めに露出をかけたので太陽をかくしている雲からはみ出してみえている外部コロナが写っています。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-31 23:59 | 昼の部 | Comments(3)

日食報告No5

どうも、分室です。

今回は、撮影機材についてです。

カメラ  キャノンの40D
レンズ  キャノンEF300㎜F4
赤道儀  アイベルオリジナルCD-1(ケンコーのNEW KDSマウントを付けてフォーク式のようにして使用。
第一~第二接触・第三~第四接触間アストロソーラーフィルター使用

c0085984_1355721.jpgこんな感じです。
300㎜×1.6で480㎜換算でコロナを狙ったんですがあの雲じゃぁしょうがなかったです。
それにしても帰国後キャノンのサービスへCMOSのクリーニングに出したところ。
「細かな砂が内部に入っているのでCMOSクリーニングしただけじゃだめです」
と言われボディ2台とレンズ2本即入院(T_T)
観測ポイントの三塘湖周辺をはじめ、基本的に新疆ウイグル自治区は砂漠地帯だった上に砂が細かかったのがいけなかったようです。

ボディ×2+レンズ×2なので結構なお金が掛かってしまいました、これって天文台の経費で出ないですかね?
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-27 13:26 | 昼の部 | Comments(0)

働く荻原さん

どうも、分室です。
お盆という事もあり連日の観望会で
大忙しの荻原さんに同行しました。

標高2000mの天候は、とても変わりやすく、
星が見えていても急にガスがでてきて一面真っ白になって
観望が一時中止になったり。

そうかと思うと月を見ていたら
、星が見えているのに雨が降ってきたり・・・
c0085984_14494546.jpg観望会中なのでストロボを使えなかったので人物が動いちゃってますが、右側の人影が荻原さんです。















そんな中でも慌てず臨機応変の対応を見せる
荻原さん、流石です!

そんな時に僕は何をしていたかといえば、持参のコンデジを望遠鏡のアイピースにくっつけて、手持ちコリメートで
c0085984_15381313.jpgこんな写真とか・・・

c0085984_1540261.jpg


PENTAX W30でAF撮影
(他の2枚もW30で撮影です)


こ~んなのとかをのん気撮っていた訳でして、




役に立たないを通り越してただのじゃま者状態(;^_^A
それにしてもこんな簡単な方法の割りに良く写りますよねぇ。
今度観望会でコンデジ(携帯のカメラは除く、ちょっと難しいから)で参加した人に撮影してもらいましょうか?どうですか荻原さん?
縞模様やわかり難いですが右側の木星の画像には、四つのガリレオ衛星まで写ってますよ。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-21 15:53 | 夜の部 | Comments(4)

夏の天文台

分室です。

一週間ほど前の北八ヶ岳天文台の様子です。

c0085984_1131996.jpg


お客様です、青空の下にテント!
夏ですねぇ、9~11日にかけて起こしいただきました。
夏+テント 熱中症は、大丈夫だったでしょうか?

僕は、10~11日のみのお付き合いでしたが、
あまり天気の良くない中でも皆さん
旬?の月と木星楽しんでいただいたようです。

・・・なんて書くといかにも僕が星の案内をしたようですが
実際は、荻原さんが機材の操作をして、
僕はただ望遠鏡を覗いていただけで、
お見せした物といえば、中国でコンデジで撮ったスナップの
画像ぐらいの物でした。f(^_^;)
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-18 11:34 | 昼の部 | Comments(5)

日食報告No4

おまたせしました、いよいよ第二接触です

レンズの前に付けていたフィルターも外し、メディアも入れ替え
第二接触カモーン!な状態でした
・・・が視界に入ってくる物が( ̄0 ̄;
そうです、http://kita8mt.exblog.jp/d2008-08-06
に写っていた、荻原さん曰く「微妙な雲」です。
皆既の途中まではなんとか見られるんじゃないかと
思っていたんですが、予想以上に早く雲が動いてきてしまい、
本当に月による第二接触寸前に雲によって太陽が皆既日食
してしまいました。( ▽|||)

それでも諦めずにシャッターを切り続けたましたが・・・

c0085984_2359297.jpg
  ダブルダイヤモンド


c0085984_23595218.jpg
  ベイリービーズ見えるでしょうか?

本当の第二接触よりも少し早いタイミングだと思いますが、
雲による減光でダイヤモンドリング(リングの部分が写ってませんが)
に近い状態になっていると思います。

せめて雲の縁の太陽光が透けて見えている薄い部分に太陽があったら
もう少し良い写真が撮れたと思いますが、
まぁしょうがないかな・・・っというところです。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-16 00:11 | 昼の部 | Comments(3)

日食報告No3

今回は、第一接触の7分後から第二接触直前までほぼ5分間隔で
撮影した画像をUPします。

c0085984_2319875.jpg


何故「ほぼ5分」かというと今回僕が持っていったレリーズが安物だった為にタイマーをセットする事ができずに手動でシャッターを切っていた為でして

c0085984_23225230.jpg


5分ごとにシャッターを切る合間に別のカメラやムービーのセッティングとかツアーに参加していただいた方の撮影のお手伝いとか諸々やる事があり正確に5分間隔で撮影ができなかった為です。

c0085984_23293984.jpg


なにせ初めての皆既日食なので事前にシュミレーションはしていても当日は、
バタバタになってしまいました、(゚_゚i)

c0085984_23343974.jpg


だいぶ太陽が細くなってきました、
この頃になるとのんびり構えていた皆さんもそれぞれご自身の機材のある場所に移動して
皆既の瞬間を待ち構えていました。

c0085984_2338612.jpg


↑の二枚は、5分間隔じゃないです、もっと短い間隔です。
さぁ、後は、第二接触の瞬間を待つばかり!
次回をお楽しみに~o(^-^)o
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-09 23:45 | 昼の部 | Comments(3)

日食報告No.2

どうも、分室です。

日食ツアー報告No2です。

今回北八ヶ岳天文台ができて初めての本格的デジタル撮影
という事もあり第一接触より撮影しようと考えました。
(実は、分室も皆既日食を見るのが初めてだったりもしますσ(^_^;)  )

・・・そんな訳で今回は、第一接触のあたりです。

日食観測のベテランの皆さんがまだ日陰でのんびりしている中
撮影開始です。

まもなく第一接触

c0085984_14184038.jpg


・・・何か太陽に模様がo(@.@)o
と思う間もなく消え行く太陽!

c0085984_14212088.jpg


第一接触と第二接触の間ってこんなに短かったっけ?
などとぼけつつ良く見ると

c0085984_14311889.jpg


雲が横切っただけみたいです。

そして第一接触の約7分後雲が取れると

c0085984_1438451.jpg


結構欠けているじゃないですか!
この先波乱が予想される幕開けでした。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-08 14:44 | 昼の部 | Comments(2)

帰国しました

台長と行く中国日食ツアー第一報

昨日、台長と分室無事日本に帰国しました。

c0085984_9564435.jpg


上の画像は、第二接触直前の様子です。

画像のアップが可能な物から順次投稿したいと思います。

分室
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-06 10:00 | 昼の部 | Comments(5)