ブログトップ

北八ヶ岳天文台の日々

kita8mt.exblog.jp

カテゴリ:宵の部( 16 )

宵の明星

c0085984_18382443.jpg
1月10日 18:11 北八ヶ岳天文台にて
夕方西の空で金星がひときわ明るく輝いていますが、12日には「東方最大離角」となり西の空に一番高くなります。
西の空に東方?と思われるでしょうが、太陽を周っている金星が、地球から見かけ上東側に最も離れて見られるタイミングなので、そう呼ばれます。これから金星は地球に向かってくるような動きで周ってきて、2月17日が一番明るくみられる「最大光度」となります。金星の左上には火星もいて2月2日に最接近となります。
荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2017-01-10 19:03 | 宵の部 | Comments(0)

金星と水星の会合

c0085984_1433145.jpg
日の入りから30分ぐらいすると西の空に「金星」が一番星で見え始めます。しばらくすると金星の右下あたりに「水星」見えてきます。
金星はこれから徐々に西の空に高くなってゆきますが、水星は今週中が見頃ですので、金星を目安に探してみてください。
荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2015-01-11 14:39 | 宵の部 | Comments(1)

宵の明星と四日月

c0085984_18443444.jpg

いて座に入ってきた金星とならんだ月例3の月です。月にうす雲がかかってくれたので、欠けた月が写せました。
11月6日 18:00ごろ 小諸市高峰高原より
荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2013-11-08 18:52 | 宵の部 | Comments(2)

パンスターズ彗星 その5

23日撮影のパンスターズ彗星です。
うす雲+黄砂の影響はあるのでしぃうが、8×30の双眼鏡では確認がむずかしいくらい暗くなってきてしまいました。このときも双眼鏡で一瞬だけ見えたあとは見失ってしまったので、カンでカメラを向けたところにうまく写ってくれたとう次第です。
c0085984_18521063.jpg
2013年3月23日 19:06 ISO1600 AW 2.5秒露光 荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2013-03-25 18:59 | 宵の部 | Comments(0)

パンスターズ彗星 その4

ほぼ一週間ぶりに見られたパンスターズ彗星は、太陽から遠ざかっているためだいぶ暗くなってきてしまいました。空が暗くなってからようやく双眼鏡で確認できる明るさです。彗星をみなれていないと見つけられないかもしれません。撮影場所は北八ヶ岳天文台から小諸よりに1.5kmほど北に移動したところです。
c0085984_1584398.jpg
2013年3月21日 19:02 
彗星の周辺に写っている恒星は、アンドロメダ座との境界付近のうお座の5等と6等星の星です。
荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2013-03-22 15:18 | 宵の部 | Comments(0)

パンスターズ彗星 その3

c0085984_154628.jpg
15日のパンスターズ彗星です。写真左下のとがった山は、北アルプスの槍ヶ岳(3180m)です。彗星の左下にぽつんと移っている星は天王星です。彗星はこのあと大天井岳(2191.2m)の裾野に沈んでいきました。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2013-03-16 15:16 | 宵の部 | Comments(5)

パンスターズ彗星 その2

14日夕方のパンスターズ彗星です。地球照の三日月とのツーショットですがどこにいるのかわかりますか?
c0085984_1455288.jpg
画角真ん中の下側、雲のすぐ上にある白い点です。13日の天気がよければ二日月と接近した様子が撮影できたのですいが、曇り空にはばまれてしまいました。 荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2013-03-15 13:49 | 宵の部 | Comments(0)

C/2011 L4 パンスターズ彗星 その1

話題?のパンスターズ彗星です。
土曜日(3月9日)も挑戦しましたが、黄砂とPM2.5に阻まれまったく見えませんでした。日曜の雨と強風でだいぶ空が綺麗になったようで、今日は夕焼けの低空になんとか双眼鏡でみつけられました。
c0085984_23281985.jpg
3月11日 18:40  EOS20D NIKON300F4ED(EOSマウント変換アダプター使用) ISO400 1.6秒露光
C-MOSの汚れがひどくて、泣けてきます。荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2013-03-11 23:36 | 宵の部 | Comments(4)

木星・月・水星

どうも、分室です。
だいぶ遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

長野県の北部は、例年この季節晴れの天気、しかも地平近くの
低い位置まで晴れているなんて事は、あまりないのですが
今シーズンは何故か晴れの天気が多いです。
するとこんな写真も撮れたりする訳です。
c0085984_20504810.jpg
2008/12/29
17:11
上から
木星 -1.9等
月   月齢1.9
水星 -0.7等
事前の天気予報では、この当たり一週間まるごと曇り・雪マークだったので完全にあきらめモードで、撮影は荻原さんにお任せだなぁ~・・・と思っていたところ少し雲があったんですが晴れました。
例年の天気を考えると奇跡的な事でした。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-01-08 21:29 | 宵の部 | Comments(3)

木星、金星、月の接近

c0085984_16364277.jpg

12月1日の夕方、南西の空で、木星、金星、月の接近がありました。
ご覧になられた方も大勢いらしたかと思います。
月や惑星の接近はそれほどめずらしいことでもないのですが、今回は月のいた位置が絶妙で、なんともユニークな光景でしたね。
そのせいもあってか、月は一目瞭然としてもすぐそばで輝く星の正体の問い合わせを、北八ヶ岳天文台へもいただきました。
c0085984_1649359.jpg

上から木星、金星、月の順です。月の欠けた部分が見えているのは、地球照という現象です。
月と金星の位置が毎日変化しますから、しばらく夕空を注目してみてください。

荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-12-02 16:46 | 宵の部 | Comments(5)