ブログトップ

北八ヶ岳天文台の日々

kita8mt.exblog.jp

カテゴリ:昼の部( 43 )

幻日

こんにちは、分室です。

23日に幻日をみたした、場所は、天文台の近所、佐久市役所のそばから天文台に行こうと思って移動している最中でした。

c0085984_9495670.jpg

残念ながらカメラを持っていなかったので荻原さんにカメラ貸してもらおうと思ってあわてて天文台に行ったんですが、
不在だったので携帯での撮影になってしまいました。
下のほうに北アルプスが小さく写っています(良く見ると槍とか見えます)
はじめ太陽の左側にも見えていたんですがすぐ雲に隠れてしまって撮影できませんでした。
やはりカメラは、常に持ち歩かないといけませんね。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-03-25 09:57 | 昼の部 | Comments(3)

ザ・ムーン

どうも、分室です。

昨日映画を見てきました。
タイトルはザ・ムーン http://themoon.asmik-ace.co.jp/
アポロ計画の宇宙飛行士達のインタビューと当時の映像を合わせたドキュメンタリー映画です。
1月16日からのロードショー、しかも土曜日の午後という事で混雑を予想して行ったわけですが、行ってみるとキャパ100人くらいの箱にも係わらず、座席は半分埋まっているかいないかぐらいの入り( ̄□ ̄;)!!

去年の8月にすぐ側で行われたスーパーメガスターⅡの上映には、早朝から数百人が並んだというのに、どうしちゃったの?・・・って感じです。
あの朝早くから並んでいた人達は、星が好きなんじゃなくてメガスターが好きだったのかも?
(別に星が好きだからといって必ずこの映画を見なくちゃいけない訳ではもちろんないけど)

僕個人の映画の感想は、全体的に特にドラマチックな感じもなく静かに進んでいき、途中で「この映画どんな終わり方するんだろう?それにしても今、映画全体のどの当たりまでストーリーが進んでいるだろ?」と本当に感じてしまう内容で、それを証明するように映画が終わったときに、
僕の前の席に座っていたお母さんと思われる方と一緒に来ていた小学校2~3年位の男の子は、みごとに爆睡していて、お母さんがやさしく肩を叩いて起こそうしても簡単には、起きない程でした。この男の子の爆睡振りが、この映画の全体の印象を現すのにもっとも適した姿だったんじゃないかなぁと思います。
宇宙飛行士にも色々な個性がある事を感じられたり、当時のロケットそのものの映像が美しかったのが一番印象に残ったところでした、映画館で見るのも良いですが、DVD(出たら)を手元に置いておいて見たいときに見たいシーンを何回も見るもの良いかも・・・です。
それにしても、あの船長があの有名なコメントの前にあんな事していたなんて!!Σ(・口・)
な暴露話もあったりするので見たい方は、どうぞ御覧ください。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-01-25 02:02 | 昼の部 | Comments(5)

改修工事

 じつは、11月末の雨で天文台の観望所の屋根(ブルーシート)が決壊を起こしてしまったのです。おかげで中においてあった備品その他(45センチの鏡を含む!)がびしょびしょになってしまいました。
そこで、本格的なになる前に改修工事となりました。
c0085984_1812433.jpg
 以前は梯子を部屋の南北にかけそこに3センチX4センチの角材をわたしブルーシートをかけるという、極めて貧相なものでした。もっともそれも一時的措置のはずでしたが、結局5年弱の間そのままとなってしまいました。
 今回は「安い・簡単・丈夫」の観点から9センチ角の角材を東西に12本わたしそこにコンパネを貼り付けることになりました。作業はすべてオフィスT/Kメンバー(大工素人)です。
c0085984_1835274.jpg
 12月とは思えない暖かな天気のおかげもありまして、10日から12日の3日間の作業で無事完了となりました。とても素人仕事とは思えない出来栄えです。私が乗っても屋根は落ちなかったので、雪が降っても(量にもよりますが・・・)たぶん大丈夫なはずです。
 次に大きな工事をするときは、天文台の立替になる予定です。あくまで予定ですが。
 荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-12-13 19:02 | 昼の部 | Comments(2)

日食報告No7

分室です。

あの日食から早くも月が地球の周りを一周半してしまいましたが、
まだ続けます。( ̄▽ ̄;)

今回は、第三接触から第四接触までを一気にいきます。

c0085984_18532535.jpg


そんな訳で、これまで2分弱の皆既の為に遠く日本から頑張ってきたツアーの皆さんですが
かなり厳しい結果で終わってしまいました。
疲れもたまり始め、ツアー日程もまだまだ半分残っていて、体調の悪化が
少し心配な第四接触の瞬間でした。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-09-15 19:38 | 昼の部 | Comments(3)

日食報告No6

さて、ちまたでは、今回の日食は、
「三塘湖の悲劇」と呼ばれているらしいです。
確かに皆既の時 だけ 太陽が雲に隠れるなんて
悲劇と言わずしてなんと言えばいいのでしょう?
という気持ちとってもよくわかります。

三塘湖の悲劇・・・同感です。

そんな訳で悲劇の瞬間です。

c0085984_173028.jpg前にダブルダイヤモンドリングなんて名前を画像につけましたが、これが本当の第二接触の瞬間です。
とってもわかり難いと思いますが、雲の中にほんの少し見えているのがダイヤモンドリングです。
c0085984_1123875.jpgこちらは、少し広角で撮った画像です。
太陽の傍にいる水星と金星を一緒に写したかったので少し長めに露出をかけたので太陽をかくしている雲からはみ出してみえている外部コロナが写っています。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-31 23:59 | 昼の部 | Comments(3)

日食報告No5

どうも、分室です。

今回は、撮影機材についてです。

カメラ  キャノンの40D
レンズ  キャノンEF300㎜F4
赤道儀  アイベルオリジナルCD-1(ケンコーのNEW KDSマウントを付けてフォーク式のようにして使用。
第一~第二接触・第三~第四接触間アストロソーラーフィルター使用

c0085984_1355721.jpgこんな感じです。
300㎜×1.6で480㎜換算でコロナを狙ったんですがあの雲じゃぁしょうがなかったです。
それにしても帰国後キャノンのサービスへCMOSのクリーニングに出したところ。
「細かな砂が内部に入っているのでCMOSクリーニングしただけじゃだめです」
と言われボディ2台とレンズ2本即入院(T_T)
観測ポイントの三塘湖周辺をはじめ、基本的に新疆ウイグル自治区は砂漠地帯だった上に砂が細かかったのがいけなかったようです。

ボディ×2+レンズ×2なので結構なお金が掛かってしまいました、これって天文台の経費で出ないですかね?
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-27 13:26 | 昼の部 | Comments(0)

夏の天文台

分室です。

一週間ほど前の北八ヶ岳天文台の様子です。

c0085984_1131996.jpg


お客様です、青空の下にテント!
夏ですねぇ、9~11日にかけて起こしいただきました。
夏+テント 熱中症は、大丈夫だったでしょうか?

僕は、10~11日のみのお付き合いでしたが、
あまり天気の良くない中でも皆さん
旬?の月と木星楽しんでいただいたようです。

・・・なんて書くといかにも僕が星の案内をしたようですが
実際は、荻原さんが機材の操作をして、
僕はただ望遠鏡を覗いていただけで、
お見せした物といえば、中国でコンデジで撮ったスナップの
画像ぐらいの物でした。f(^_^;)
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-18 11:34 | 昼の部 | Comments(5)

日食報告No4

おまたせしました、いよいよ第二接触です

レンズの前に付けていたフィルターも外し、メディアも入れ替え
第二接触カモーン!な状態でした
・・・が視界に入ってくる物が( ̄0 ̄;
そうです、http://kita8mt.exblog.jp/d2008-08-06
に写っていた、荻原さん曰く「微妙な雲」です。
皆既の途中まではなんとか見られるんじゃないかと
思っていたんですが、予想以上に早く雲が動いてきてしまい、
本当に月による第二接触寸前に雲によって太陽が皆既日食
してしまいました。( ▽|||)

それでも諦めずにシャッターを切り続けたましたが・・・

c0085984_2359297.jpg
  ダブルダイヤモンド


c0085984_23595218.jpg
  ベイリービーズ見えるでしょうか?

本当の第二接触よりも少し早いタイミングだと思いますが、
雲による減光でダイヤモンドリング(リングの部分が写ってませんが)
に近い状態になっていると思います。

せめて雲の縁の太陽光が透けて見えている薄い部分に太陽があったら
もう少し良い写真が撮れたと思いますが、
まぁしょうがないかな・・・っというところです。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-16 00:11 | 昼の部 | Comments(3)

日食報告No3

今回は、第一接触の7分後から第二接触直前までほぼ5分間隔で
撮影した画像をUPします。

c0085984_2319875.jpg


何故「ほぼ5分」かというと今回僕が持っていったレリーズが安物だった為にタイマーをセットする事ができずに手動でシャッターを切っていた為でして

c0085984_23225230.jpg


5分ごとにシャッターを切る合間に別のカメラやムービーのセッティングとかツアーに参加していただいた方の撮影のお手伝いとか諸々やる事があり正確に5分間隔で撮影ができなかった為です。

c0085984_23293984.jpg


なにせ初めての皆既日食なので事前にシュミレーションはしていても当日は、
バタバタになってしまいました、(゚_゚i)

c0085984_23343974.jpg


だいぶ太陽が細くなってきました、
この頃になるとのんびり構えていた皆さんもそれぞれご自身の機材のある場所に移動して
皆既の瞬間を待ち構えていました。

c0085984_2338612.jpg


↑の二枚は、5分間隔じゃないです、もっと短い間隔です。
さぁ、後は、第二接触の瞬間を待つばかり!
次回をお楽しみに~o(^-^)o
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-09 23:45 | 昼の部 | Comments(3)

日食報告No.2

どうも、分室です。

日食ツアー報告No2です。

今回北八ヶ岳天文台ができて初めての本格的デジタル撮影
という事もあり第一接触より撮影しようと考えました。
(実は、分室も皆既日食を見るのが初めてだったりもしますσ(^_^;)  )

・・・そんな訳で今回は、第一接触のあたりです。

日食観測のベテランの皆さんがまだ日陰でのんびりしている中
撮影開始です。

まもなく第一接触

c0085984_14184038.jpg


・・・何か太陽に模様がo(@.@)o
と思う間もなく消え行く太陽!

c0085984_14212088.jpg


第一接触と第二接触の間ってこんなに短かったっけ?
などとぼけつつ良く見ると

c0085984_14311889.jpg


雲が横切っただけみたいです。

そして第一接触の約7分後雲が取れると

c0085984_1438451.jpg


結構欠けているじゃないですか!
この先波乱が予想される幕開けでした。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2008-08-08 14:44 | 昼の部 | Comments(2)