ブログトップ

北八ヶ岳天文台の日々

kita8mt.exblog.jp

カテゴリ:昼の部( 41 )

浅間山冠雪

c0085984_12412323.jpg
昨日までの天気で浅間山が本格的な雪景色となりました。車もそろそろスタッドレスに履き替えないといけない頃あいです。今日の日中はポカポカしてます。
荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2014-11-28 12:56 | 昼の部 | Comments(0)

肉眼黒点

c0085984_1502174.jpg
Yahooニュース等でも話題になっていたので、ご存じのかたも多いかと思いますが、太陽面で久々の大きな黒点が出現しています。
日食グラスや夕方で雲に隠されたときに肉眼でも確認できる大きさなので、肉眼黒点とよばれたりします。
なにぶん使用しているカメラに問題ありなので、黒点以外のものも大量に写ってますが、そのへんはご容赦を

10月26日 11時12分 撮影 3カット合成
[PR]
by kita8mt-12304 | 2014-10-27 15:05 | 昼の部 | Comments(0)

残暑お見舞い申し上げます

c0085984_1315422.jpg
明日(8/7)はもう「立秋」なのですが、まだまだ暑い日がつづきそうです。皆様、体調には十二分にお気をつけ下さい。
エネルギー充填は120%で!!
写真は荻原の通勤路でのひとコマです。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2014-08-06 12:57 | 昼の部 | Comments(1)

金星の日面通過

こんにちは、お久しぶりの分室です。

今世紀も始まって10年チョットですが、早くも今世紀最後の金星の日面通過、皆さん見れましたか?
あれから1週間が過ぎてしまいましたね。

分室は、天気の悪い千葉から少しでも条件の良い長野県北部に遠征して日面通過を迎え撃ちました
・・・というのは冗談でたまたまスケジュール的に長野に居ただけでしたが、
一応、この「長野県北部に居た」事が功を奏したようで、
雲間&雲を通して数回、太陽の前を横切っている金星のシルエットを見る事ができました。

前回の日面通過の時も雲間からかろうじて見えた程度でしたが、今回も前回同様で
良い条件には、恵まれませんでした。

次回はギネス記録を大幅に更新するほど長生きしても、さすがに無理そうなので残念。
c0085984_12352100.jpg

[PR]
by kita8mt-12304 | 2012-06-12 12:37 | 昼の部 | Comments(2)

金環日食

当初曇りの天気予報が日食間際には晴れに転じてくれました。おかげで金環日食の全行程を堪能できました。2:30からセッティングを始めたかいがありました。
c0085984_1481734.jpg
第二接触時のベイリービーズ7:33’40”撮影
タカハシFS102にケンコーテレプラス×1.5装着 EOS20D ISO200 SP1/40秒 
写真は画角の上を天の北極に向けてあります。減光には金属フィルターを使用しましたので、黄色ぽい太陽になりました。

c0085984_14542432.jpg
つながったリング。限界線に近いのでかなり細いですね。
7:34’42”撮影 SP1/80秒

c0085984_1433443.jpg今回の観察機材
メインはFS102に国際光器の金属フィルターを装着し撮影。となりには、固定で連続撮影をねらいクールピクス5400を設置。予備の赤道儀のPZには観望用にご法度仕様の双眼鏡を搭載。観望にきて頂いた方々には、ドーム内のソーラーMAXで見ていただきました。


c0085984_14384077.jpg
観望のお客さんにまじってソーラーMAXをコンデジでコリメート撮影(欠け始め)
6月6日の金星の太陽面通過にも期待しましょう。 荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2012-05-22 15:09 | 昼の部 | Comments(2)

プロミネンス

c0085984_1683179.jpg
活発になってきた太陽の様子です。
黒っぽいすじ状の部分は「ダークフィラメント」と呼ばれますが、よく見ていただくと太陽の表面から盛り上がっています。「プロミネンス」が光球の光をさえぎって黒く見えるというわけです。
12月6日14:14ごろ コンパクトデジカメにてコリメート撮影 フォトショップで画像処理
荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2010-12-08 16:40 | 昼の部 | Comments(2)

c0085984_163497.jpg
お昼の1時過ぎ、急に雨の音がしたので、天文台の外に出てみると北の空に虹が見えていました。
太陽の南中高度が低いこの季節ならではの現象かと思います。 荻原
写真は携帯で撮影
[PR]
by kita8mt-12304 | 2010-12-03 16:13 | 昼の部 | Comments(2)

受賞

c0085984_20304535.jpg
 当天文台長が、東久邇宮文化褒賞(ひがしくにのみやぶんかほうしょう)とう賞をいただきました。その授賞式が去る6月9日、明治記念館で執り行われまして、天文台代表(一人しかいないですが)といことで来賓として出席させていただきました。
台長の彗星捜索に端を発した環境問題に対する活動や、太陽光炭素化システム、水(太古の水のことですが、これは(有)フルーティー様の登録商標です)の開発が評価されての受賞ということです。
賞の詳しい趣旨はwebで検索していただいたほうがよろしいいかと思いますが、日本の三大宮賞のうちのひとつということです。
c0085984_20392027.jpg
賞状です。
c0085984_20363233.jpg
副賞でいただいたメダルと盾です。(盾の後ろの食品~は関係ありません)
本社事務所でご覧いただけます。
荻原
[PR]
by kita8mt-12304 | 2010-06-16 20:53 | 昼の部 | Comments(3)

そば

明けましておめでとうございます。
分室です。

すでに荻原さんのUPでこのブログも新しい年が始まったというのに、今更 なネタですいません(汗)
・・・なので投稿日を一日前にずらして設定して記事の順番を時系列通りにならべました(;^_^A
するとできるんですね~記事の順番を変える事って、変な裏技を発見してしまいました。
荻原さんすいません。

年末に、分室・荻原さん・台長の三人が揃い蕎麦を打って食べる(天文台メンバーは厳密には、食べる方がメイン)というめずらしい現象がありました(天文現象か?)ので、一応UPします。
c0085984_17185970.jpgなんと石臼で蕎麦を挽くところからです!!
c0085984_1720263.jpg
c0085984_1722881.jpg



















しかも十割蕎麦!
おいしくないはずがありません。
















PCのモニターが壊れるというアクシデントがありましたが、合計十人でおいしく、楽しく過ごした一日でした。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2010-01-03 17:12 | 昼の部 | Comments(2)

皆既日食報告9

まだ日食ネタやってんのかよぉ~とみなさんお思いでしょうが、今回が最終回なのでひらにご容赦を(;^_^A

周辺の道路をくまなくロケハンした結果門倉岬から2kmくらい北の地点に決定。
少し皆既時間が短いですが交通規制をさけて車の脇で撮影できる場所で
広角で種子島らしい景色のさとうきび畑と太陽
サンニッパでコロナ狙いの二本立てで撮影に臨む事にしました。

撮影ポイントと手段が決まれば残る心配事は今日の夕飯と明日の朝食の事だけです。
中種子町へ移動して食料を確保して22日の朝を門倉岬の近くで車の中で迎えました。

c0085984_1513165.jpgc0085984_1524453.jpg天気予報では、種子島では、22日の朝より雨の予報でしたが、5:30ごろは雲が多かったですが、朝焼けで空がそまったりしてもしかしたら?という期待を抱かせる空でしたが、
7:00ごろから雨が降り出しその後、午後まで断続的に雨が降り続け、皆既前に僅かにのぞいた太陽が一番初めの画です。

c0085984_1542069.jpg











結局当初の撮影予定地だった門倉岬周辺でのコロナ撮影を諦め宇宙センターに移動して、先ごろH2Bを発射した大型ロケット発射場の皆既の雰囲気を撮影する事にしました。射場をほぼ南東に見る場所からの撮影なので皆既帯の北限に対しておおよそ平行に撮影しています、なので皆既帯の入っている画像の右側は暗く、左側の皆既になっていないところは、明るさが残っています
普通皆既日食といえば皆既帯の中心で観測するので皆既中の広角で撮った画は自分の頭の上が暗くなっていて周りが360°夕焼けのようになるのが普通ですが、今回は皆既を観測するポイントの関係で皆既帯の北限ぎりぎりでの撮影だったおかげで少しめずらしい写真が撮れたと思います。

c0085984_245355.jpg
c0085984_252081.jpg














上にも書きましたが去る9月11日未明種子島宇宙センターから今後国際宇宙ステーションに物資を運ぶ大切が任務が期待されるHTVを乗せH2Bロケットが発射されましたがきっとこの中に入っていたんでしょうねぇ~

それにしても、気がつくと7/22から早くも2ヶ月がたってしまいましたが皆既の様子をUPする事ができましたし、今回で種子島における皆既日食の報告を終了したいと思います。

c0085984_2113473.jpg


最後に備忘録を兼ねて、持って行った機材の集合写真をUPします。



c0085984_213273.jpg





22日日食の当日の西之表港の夕日
前日の夜も天気が良かったし後、半日前後にずれていてくれたら日食を見る事ができたのに残念でしたが、日本、しかも種子島宇宙センターが皆既帯に入っていた事を記録する画はちゃんと撮影できたのではないかと自負しております。
[PR]
by kita8mt-12304 | 2009-09-29 02:24 | 昼の部 | Comments(4)