ブログトップ

北八ヶ岳天文台の日々

kita8mt.exblog.jp

衝から1日の木星

12月3日に「衝」(太陽・地球・外惑星が一直線になること)をむかえた木星が、日没後東の空のおうし座のなかで明るく輝いています(正確には、ものがでかいので太陽の光をよく反射してるわけです)。
おうしの顔の部分にあたるヒアデス星団のそばにいる木星ですが、地球が木星を追い越している最中なので、来年1月31日まで木星は西(すばるの方向)に向かって移動しているように見えます。木星の右下に見えているアルデバランとの位置の変化に注目してみてください。
12月4日 19:42撮影
荻原
c0085984_18235020.jpg

[PR]
by kita8mt-12304 | 2012-12-05 18:03 | 夜の部 | Comments(0)
<< ふたご座流星群 ハーゲンローザ彗星(168P) >>